マイスター大学堂:ブログ

アランミクリ Prince de Sassoun その2

プリンスサスーンコレクションがまたまた入荷して参りました。

 

さてこれがコレクションが生まれるきっかけとなった本です。

 

 

なぜこの本が選ばれたかと言いますと、アルメニア生まれのアラン・ミクリが自らのルーツを巡る旅をしていた時に、アルメニアの古典文学を下敷きにしたこのアニメの作者、アルバン・ギルモアとイヴォン・ベルトレロに出合い、意気投合、コラボレーションすることになったとのこと。

 

まぁこう、アランミクリさんが粋なアランミクリ眼鏡を掛け、マロニエの並木道を散歩していた時、向こうからやって来るのはアルバン・ギルモアさんとイヴォン・ベルトレロ。

もし、その眼鏡は何処で?

あぁこれは・・・。

えー大将がデザインを、それでお国はアルメニア!偶然、僕らアルメニアの古典文学を元にしたアニメ手がけてるんですわ!

並木道の真ん中で心からの固いハンドシェイクの後、コラボレーションスタート、という経緯のプリンスサスーンコレクション「AL1120」のご紹介。

 

ベリーキュートです。

 

alain mikli AL1120 M02C

 メタルのパーツが重なり合って生まれるフロントは舞台の書き割りのようです。

 

alain mikli AL1120 M028

 赤の同系色でまとめているのもステキですね。

 

alain mikli AL1120 M02B

こちらはライトグリーン、ダークグリーン、グレーのコンビネーション。

 

alain mikli AL1120 M02B

 

是非、店頭でご覧下さい。

 

クリタケ

関連記事: