マイスター大学堂:ブログ

某日、大阪へ2


 次第に暑くなって参りましたが、皆様はお元気でお過ごしでしょうか?

 さて本日は眼鏡から始まって、あっという間に眼鏡とは無関係な話になる話です。

 

 某休日、東京展示会で回り切れなかったメーカーさんの新作を見るべく、大阪で行われていた展示会に行ってきました。一歩、展示会場に足を踏み入れるとぐるりとメーカーさんに包囲され、目の前に次々差し出される眼鏡の数々。それを手に取ってアーとかウーとか言ってみたり、掛けてみたりして選んでいきます。

 眼鏡を選びに選び、随分頑張ったので後は眼鏡の事は忘れて楽しもうと、アイウェア系知人達と連れ立って飲み屋街へ。居酒屋が櫛比する界隈に辿り着き、数ある中から一人が、そのアルコールで磨き抜いた黒光りする鼻でもって選んだ店に入りました。

 さすが百戦錬磨の左党の勘!入ったのは壁に張られたメニューが乱舞して下町グルーブが横溢する桃源郷、近所にあったら常連必至の酒場でありました。刺身や揚げウィンナー、その他諸々を選んで最後にタマヒモの煮物をパクッとやったら、さっと次の店へ。

 次に入ってのはアイウェア系知人の知人が経営する甲類焼酎キンミヤがコンコンと湧き出るというこれまた良いムードの店であり、そんな良いムードの中で良いムード歌謡を聴きながら過ごした時はこれまた素晴らしかったのですが、その辺りで私はすでに視野が狭窄しておりました。でも宴会は続く。知人達の中に知人の知人も加わって知人だらけになって酒臭い息を吐き出しながら、こけつまろびつ次の店へ。

 そこで異常に熱いタコヤキに唇を焼かれつつビールを飲んだりして、ようやく解散。自分がなんのために大阪に来ていたのかスッカリ忘れて、神戸へと向かう電車の中でグラグラして後はおぼろ!

 以上、眼鏡にあまり関係のない大阪に行った話でありました。

 

クリタケ

関連記事: