マイスター大学堂:ブログ

春の鳥


 遅くなりましたが、本日の更新です。皆様お元気でお過ごしでしょうか、本日はメガネと無関係な鳥の話です。

 

 春になったからでしょうか、拙宅のベランダに鳥がよく来るようになりました。スズメはチュンチュンと愛らしく、たまにカーテンの隙間からその様を眺めております。しかし、ハトはいけません。あの陰気なポーポーという鳴き声がどうも好きになれないので、ハトの鳴き声を聞きつけるや否やベランダに飛び出して憤怒の表情で追い払っております。

 最近はそこに加えて新たな鳥がやってくるようになりました。その声は陽気な響きがありなかなかステキなのですが、鳴き方はここに書き出すのもおぼつかないような複雑さです。

 某休日はその鳴き声で目が覚めました。ベットから出てカーテンの隙間から覗くと目の前の物干し竿の上で声の主が体をふりふり揺すりながら激しく鳴いていましたので、驚かさないようにそっと窓から離れて再び寝床に戻り、その陽気な声に耳を傾けている内にやがて気が遠くなって、二度寝をしてしまいました。

 その鳥はどうもベランダが気に入ったみたいで頻繁に来ます。今朝も来ていました。不快ではありませんが、ノリノリすぎて喧しいです。

 

クリタケ

関連記事: