マイスター大学堂:ブログ

スズメ


 皆様、お元気でお過ごしでしょうか?もうすぐ11月も終わりですね、月日の経つのは早いものです。さて、本日は久しぶりに眼鏡とは無関係なお話です。

 

 近頃、天気の良い朝にはベランダにスズメが来るようになりました。ちょうどコーヒーを淹れる時に盛んに鳴き出すので、そっと窓に近付いてづいてカーテンの隙間から眺めています。ぷるん、ぷるん、と尾羽を震わせて鳴く姿を「ほほ、今朝もやってますな」と確認したら、またコーヒーを淹れに戻るのです。

 今はこんな具合の接し方をしていますが、初めてその存在に気が付いた時は物珍しくてなんかとか心を通わせられないものかと口笛による交流を試みていました。

 初めての朝はいきなりピィーっと大きな音を出して逃げられ、翌朝は音を控えめにしたものの、ちょっと身動きした時に逃げらたりしていました。その次には身じろぎせず音を控えめにして、と少しづつ工夫を凝らして、やがてなんとなくスズメとのコールアンドレスポンスが成立しました。 私が口笛を吹くと、スズメは首を傾げるような仕草するのです。

 「わぁ、スズメが困惑してる、うふふ」、小刻みに動くスズメの仕草が面白くて喜んでおりましたが、ある朝ふと、スズメに口笛が聞こえているなら、お隣さんにも聞こえていてもおかしくないはずと気が付きました。

 毎朝ガラーッと窓を開けてしばらくするとチィチィと鳴き出す隣人、私が逆の立場であれば「かなりきてるネ」と思うでしょう。ああ。

 その事に気が付いてからは口笛は止めて、そっと雀を眺めるだけになったのです、と最近はこんな感じで暮らしております。

 

クリタケ

 

関連記事: