マイスター大学堂:ブログ

山観賞


 朝夕には秋らしい雰囲気も漂ってはじめておりますが、まだまだ日中は大変な暑さです。ちょっと歩き回ったりすると、朦朧としてちょっと気分が悪くなる様な感じが致します。

 このように夏が辛いのは気候変動によるせいなのか、年齢のせいなのでしょうか。どうなんでしょうね。えーさて、本日は眼鏡とは無関係なお話です。

 近頃は暑さのせいか、蒸し暑い部屋を出てベランダで夜の山を眺めることが多くなりました。夜空もずっと暗く、表情のない真っ黒な塊のような夜の山には素晴らしい量感があり、迫力を感じて、ずっと眺めていても飽きないものです。

 暗い山は無表情な塊なのですが、じっと眺めておりますと意外なところににポツリと明かりがあったり、空との境界部分がざわざわとしていたりしていることに気が付いたりして、そんな小さな発見がまた楽しいのです。

 身近に山がある方は是非、お試しください。 お薦めです。

 

クリタケ

関連記事: