マイスター大学堂:ブログ

MIDO2019


 えー、本日はミラノで行われておりました眼鏡展示会の御報告でございます。では早速。

 

 関空からフランクフルト経由でミラノへ。隣席のドイツ人は心優しい気遣いの人でしたが、体が横方向にデカイため身を縮めても溢れ出す圧力と、機内映画によってもたらされた笑いを押し殺す反動によって震える太い腕のバイブレーションに苦しめられました。

 

 クタクタになってミラノに到着。しっかり休んで翌朝、会場入りです。

 

 最初はやはりラフォン、いつもながら美しく飾られたブースと美しいコレクションでありました。この度の新作もステキでありましたので入荷をお楽しみに!

 

 カザールにも行きました。いつもながらギラギラしたブースにギラギラした素晴らしい眼鏡が並べられてらおりまして、興奮致しましたね。

 

 未知のデザインに出会えるかもしれないという期待と、展示会という祭りのエネルギーとに煽られ、夢中になって会場を歩いて気がつくと夕方になっている、これが展示会一日目の働きぶりです。

 心地よい疲労感に包まれてホテルに帰り就寝。

 翌朝、時差ボケで目覚ましよりも早く起床。朝御飯まですることがないので、室内を行ったり来たりして時間を潰します。ようやく朝御飯にありつくと鼻息荒くホテルを飛び出して再び会場入りです。

 

 初日と違って少々余裕のある二日目はフレームだけではなく、パーツ類や展示物なども見ながら会場をくまなく歩きます。

 繰り返すスモールトークとセールストーク、そして場内の暑さにヤル気が失せると休憩。コーヒーと味気ないパニーニを食べながら携帯を見て、ああ今日本は夜中かと気がつくと、行きつけの喫茶店のブレンドコーヒーとオバハンのチェーンスモーキング、饂飩屋の定食についてくるだらしないかやくご飯、定食屋のスカッと光る塩鯖定食などが次々と脳裏に浮かび、

帰ったら絶対にウドンである、と固く誓って再び歩き出すのです。

 そんなこんなで会場をうろつきグッとくる眼鏡を買い付けまいりましたので、入荷しましたら御紹介致します。是非、御期待ください。

 えー、これにて展示会の御報告は終わりです!

 

クリタケ

マイスター大学堂へのアクセス ACCESS

マイスター大学堂について

関連記事: