マイスター大学堂:ブログ

日々


 皆様、お元気でお過ごしでしょうか。本日は眼鏡とは無関係なお話です。

 

 早いものでもうすぐ四月ですね。ここしばらくなんだか忙しくしているものですから、気が付くと月日が過ぎていて驚愕を通り越して困惑です。

 といいますのも月日が過ぎるということは、この世にグッバイする日が刻々と近づいていることですから、これはどうしたって一日一日をスルメイカのごとくシガンでチューチューして生きねばなりません。それなのにどんどんと過ぎ去ってしまう日々。

 人生には喜びと苦しみがあって、この所その比率は喜:悲=4:6、いやもしかして3:7ぐらいではないかとさえ思えるのですが、そんな辛い人生も生きている限りは一生懸命に生きねばならぬ、と前向きに考え、でも、一体どうすることがしっかりと生きるという事なのだと悩み、取り敢えず今度の休みは何か違う事をして過ごそうと決めました。

 そこでこの間の休日は知人達と連れ立って遠方へ出かけ、色々なと所を点々とした果てに辿り着いた海岸で冷たい風になぶられながら、売店のオッサンが不器用に作ってくれた不細工な形のソフトクリームを舐め廻して充実した一日を過ごすことに努めました。

 ソフトクリームをペロリと舐めると甘く濃くて甘美。しかしながら吹きすさぶ冷たい風の中ではそれは辛くもありました、それでもまたペロリと舐めるとまた甘く濃くて、美味い。でも寒い。その繰り返しです。喜びと悲しみが交互に現れてまさに禍福は糾える縄の如し、ということは今、私の喜びと苦しみはフィフティフィフティ!喜びがちょっと増しているではないか、嬉しいなぁ、という具合に某休日を大事に過ごしてみたのであります。

 

そしてその夜は畑育ちのトレトレを食べて幸福に酔いました。

 

クリタケ

関連記事: