マイスター大学堂:ブログ

冬の悲喜こもごも


 厳しい寒さが続いていますが皆様はお元気でお過ごしでしょうか。

 さて本日は眼鏡とは無関係な拙宅の冬のお話です。

 

 隙間風吹き込む拙宅の冬は厳しく、長い時間を過ごすリビングだけは辛うじて暖房で効いているですが、その他の部屋は冷え切っています。底冷えするトイレの便座は氷の如しであり、しゃがむ度に蛮声を張り上げてその試練に耐えています。脱衣所で服を一枚一枚脱ぎ、さらに裸足で冷たい床の浴室に入って湯船に浸かるまでの間もまたトイレに劣らず辛いものです。

 聞くところによると寒い脱衣所から暖かい湯舟にいきなり入るのは体に大きな負担となり、場合によって失神や心筋梗塞を引き超すというではありませんか。これは困ったということで最近は湯に一刻も早く浸かりたいという逸る気持ちを抑えて、まずはどばーっと床にお湯を撒いて浴室の温度を上げ、それからつま先からゆっくりと掛け湯をしてお湯に体を慣らすようにしています。

 その儀式を終えて暖かいお湯に入ると強張っていた体がほぐれまして、まぁ極楽です。湯舟は凍てつく拙宅で一番幸せな場所なのですが、それ故に一度入ると風呂からなかなか出られなくなります。冬の朝の布団と同じですね。永遠に風呂場でいる訳にもいかないので、やがて決心して浴槽から、そして浴室から飛び出して大慌てで体を拭き、やっとのことでリビングに戻ります。

 一息付いたら晩酌タイム、熱燗片手に暖かい部屋でだらだらーだらだらーと過ごすのはたまらんですねぇ。冬の喜びです。

 

クリタケ

関連記事: