マイスター大学堂:ブログ

スイカサマー 


 八月ですね。私は暑さになえなえくたくた、のびてぶぎーです。

 さて本日は眼鏡とは無関係なお話です。

 

 某休日の朝、西瓜を食べました。巨大な三角形が四つ、端の部分のテトラパックのようなのが二つ、ではいざ、とまずは大きな三角形の頂点にかぶりつくと両頬に西瓜が触れるので、その邪魔な部分を食べて、また真ん中を食べてを繰り返す。

 今年の夏は新しい試みとして箸を一本持って律儀に種を取るという生真面目な食べ方をしていましたが、次第に面倒になって、そのまま齧って種をぷっと皿へ。ところが目算で5、6個あったはずの種は皿の上には2、3個、なんどやってもその調子で必ず少なくなってしまう。これはどう考えても飲み込んでいる。スカイの種を食べると盲腸になると、子供の頃、こんな風にスイカを食べながら誰かが言っていたような。

 スイカを盛った皿の傍らには赤い食卓塩の小瓶が良く映えます。気取った小瓶ではなく、軽薄な赤い蓋を乗っけた食卓塩が夏の雰囲気に良くマッチします。以前は塩を掛ける習慣が無かったのですが、熱中症対策に良いと聞きつけてかけるようになったら塩によって緩急がついたスイカは食べ飽きず、すっかり癖になってしまいました。

 美味い美味いと大きな三切れ食べたら胃の中はスイカだらけで体はすっかり冷えました。横になってお腹をさすり、私はスイカに苦しめられているけど、今夏もスイカを堪能出来たことは誠に結構な事であると嬉しい気持ちでした。

 

 

クリタケ

関連記事: