マイスター大学堂:ブログ

大掃除2018、そして一年が終わる


 本日は年末の恒例のシャッター掃除を行ないました。大掃除の時には必ず着るダサいヤッケに袖を通して、朝の冷たい空気の中でシャッターを磨いておりますと、じわじわ今年一年のことが蘇りました。

 思えば今年は老いの気配が現れました。あちこちに白髪が出て来た。眼鏡のネジ頭が見えずらく、喉がいがらっぽくてのど飴が手放せない。そしてそれは身体だけにでなく生活にもその兆候が表れて、何もかもがルーティンと化して驚きと瑞々しさを失いつつありました。このままではいけないではないかと思い始め、そこでまず休日に行く喫茶店でのコーヒーの飲み方から変えることにしました。

 「ブレンドっ!」と叫んでバスンと座っておしぼりで鼻を拭き、ミルクを荒々しく注いで混ぜたスプーンを乱雑に受け皿に投げる、ズビーっとジュースでも飲むように飲み干す。そんな乱暴な飲み方をしていてはいけなかったのです。

 喫茶店ではまず出されたコーヒーカップを左手で持って一口、それから二口と飲んだ後、カップ回して持ち手を右にする。ミルクを入れて真新しい紙の上に筆で美しい円を描く様にスプーンでかき混ぜ、すっと静かに抜いてその様を眺める。厳かな一連の所作と器の中でミルクが楽し気に回り真っ黒なコーヒーが穏やかな色へと変わる様を眺める時、コーヒーという当たり前のモノの中に自由と喜び、それは小さくはありますがつまり生きている証が見い出されます。すべての瞬間をこのようにしっかりと味わって暮らせば、生活はよく練った羊羹のように輝き、むっちりとして甘く、ずっしりとして重く(時に暗い中から現れる大きな栗にハっとさせられ)充実したものになるのであります。

 徐々に生活の質が高まってきているように感じます。そのような豊かな時間の中で読んだ今年ベストの本は「きだみのる 南氷洋」であったことをちょっとお知らせして、今年一年を振りかえるこの投稿を締めくくりたいと思います、というと何やら今年はこれ終わりのように思われるかもしれませんが、明日31日の午後六時までお店は開いているのですね。

 

 もうご存知かもしれませんが、年末年始の御案内。

12/30 通常営業 9:30~20:00

12/31 短縮営業 9:30~18:00

1/1 お休み

1/2 短縮営業 10:00~18:00

1/3 短縮営業 10:00~19:00

1/4より 通常営業 9:30~20:00

 

皆様のご来店をお待ちしております!

 

クリタケ

マイスター大学堂へのアクセス ACCESS

マイスター大学堂について

関連記事: