マイスター大学堂:ブログ

2015年を振り返って 前編


 12月なのに寒くない、さてあっという間に2015年も残りわずか、という訳で本日はこの時期恒例の去りゆく2015年を懐かしむ「2015年を振り返って 前編」です。

 では早速。

 

1月

 「久しぶりに取り留めもなく音楽のお話」、まぁ本当に取り留めのないお話の2本立てでした。ここで取り上げていた「白夜のタンゴ」は結局観に行かずじまいでした。こういうものは行くぞ。と決めたらすぐに行かなくてはダメですねぇ。

 同じくご紹介していた「Sven Kacirek / Nutcracker Sessions」は今は全然聞いていませんね。

 まったくの余談ですが、音楽と言えば私が通っている近所の蕎麦屋さんのBGMはジャズだということに最近に気が付きました。オジサンの趣味だと思いますが、オジサンのだらしなーい天ぷらや蕎麦がクールな曲とちっともマッチしていないところにグッときています。

 

2月

 「ダシ巻き」、巻いて巻いて巻きまくりの日々でしたが、最近はめっきりです。一番の理由は昆布が底を突いていることなんです。

 昆布を買おうと、休みの日に乾物屋さんに行くのですが、私が行くときに限って店主のおじさんがいないのです。いつも店先でぼんやりしているのに、いざ昆布が欲しい時にはいない。しばらく待っていても店の奥からも出てこないし、帰ってくる気配もないのです。

 ダシ巻きもさることながら、年越しそば用ダシも作りたいので、次の休みには必ず買わねばなりません。

 

3月

 「イカナゴ」、今年も随分食べました。でもまた来年になると現れるはずです。漁獲量が減っているなら、もういいじゃないか!と思いますが、でも炊くんです、配るのです。それがカルチャー。

 

4月

 「私のマグカップ」、割れたマグカップは母親に預けました。ところが未だに修理が出来上がってきません。恐らく忘れられていると思われます。

 

5月

 「夫婦善哉」、家でも外でも映画を沢山鑑賞しました。この映画鑑賞も日課にしてしまうといけませんね。他の事が進まなくなってしまいます。ですから最近はルールを決めて観るようにしています。晩御飯を食べ終わったらお酒を飲みながら本を読み、酔いが回って内容が理解不能になってからが映画鑑賞です。頭が回らない状態で見ている訳ですから、映画を理解できているかは怪しいですねぇ。

 

6月

 「喫茶店」、未だ新しい好みの店は見つかっておりません。前ほど熱心ではありませんが、なんとなく探索は続けています。

 これまた余談ですが、コーヒーと言えば拙宅のコーヒーミルが駄目になりつつあります。勇ましい音のわりに、あきまへん、これ以上挽けまへんとばかりにプイッと豆を吐き出して、へへ、という不遜な態度をとることが多くなったので、これはいかん交代だ、と新しいミルを物色中です。

 

 さて、これで2015年前期を振り返りました。いずれのこともすっかり忘れて、こんなことを書いていたのかと驚くばかりです。

 今度は後期を振り返ります!

 

クリタケ

関連記事: