マイスター大学堂:ブログ

大学堂アンティーク その12 ラガーフェルド 1311


本日はマイスター大学堂の豊富な眼鏡コレクションの中からこれぞケッサク、オモチロイネ!という逸品をご紹介する眼鏡遺産あらため「大学堂アンティーク」です。

いやー久しぶりですね、さて今日ご紹介するのはなかなかの逸品でありまして、丸眼鏡好きのハートに火をつけること間違いなしのモデルです。

ご紹介するのはカール・ラガーフェルドの「Nr.1311」、掛けても優しく見えない丸眼鏡です。

では早速。

 

カールラガーフェルド Nr.1311

カールラガーフェルド Nr.1311

独創的ですね、まことに。

フレームの端々に漲る冷たさがたまりません。

エレガント!スタイリッシュ!極悪!!

 

カールラガーフェルド Nr.1311

カールラガーフェルド Nr.1311

レンズとレンズの間のブリッジ部分も個性的です。

ちなみにレンズの横幅は46㎜。

 

カールラガーフェルド Nr.1311

カールラガーフェルド Nr.1311

丁番部分の凝ったデザインはなんとも優雅。

 

昨今流行のラウンド眼鏡とは一線を画す、優しさとか親しみとかを感じさせないハードな丸眼鏡、堂々した存在感を放ちステキであります。

クリアのレンズを入れて眼鏡にするのもお薦めです。

 

クリタケ

マイスター大学堂へのアクセス

関連記事: