マイスター大学堂:ブログ

四角 GERNOT LINDNER 301


少々の個性的なフレームが続いておりましたので、本日はアッサリとしたしかし噛めば噛むほどに旨味溢れるウスウマ系です。

 

ドイツの「LUNOR ルノア」の創業者であるゲルノット・リンドナーさんが新たに立ち上げた「 GERNOT LINDNER ゲルノット・リンドナー」。

純銀を用いてドイツで作られるフレームは繊細な美しさに満ちています。

本日ご紹介致しますのはシンプルに作られたスクエアタイプの「301」、では早速の御紹介です。

 

GERNOT LINDNER 301 PDS

シンプルを極めた美しいスタイル、これぞ上質な普通のメガネ。

 

GERNOT LINDNER 301 PDS

レンズの横幅は51㎜、縦幅は39㎜、レンズとレンズの間の幅は20㎜です。

 

GERNOT LINDNER 301 PDS

ビシッと美しいスタイルと

 

GERNOT LINDNER 301 PDS

パカッと開く専用の木製ケース。

 

おすすめです。

 

クリタケ

マイスター大学堂へのアクセス ACCESS

マイスター大学堂について

関連記事: