マイスター大学堂:ブログ

ラウンド2 GERNOT LINDNER 601


ドイツの「LUNOR ルノア」の創業者であるゲルノット・リンドナーさんが新たに立ち上げた「 GERNOT LINDNER ゲルノット・リンドナー」。スターリングシルバーを用いてドイツで作られるフレームは繊細な美しさに満ちています。

ご紹介致しますのはラウンドタイプ、先日はメタルタイプをご紹介致しましたが、本日はセルタイプです。

では早速。

 

GERNOT LINDNER 601 40G

まずはブラウンとグリーンの味わい深いツートンカラーからです。

 

GERNOT LINDNER 601 40G

レンズの横幅は44.5㎜、縦幅は43.5㎜、レンズとレンズの間の幅は20㎜となっております。

エッジの効いた魅力的な丸。

 

GERNOT LINDNER 601 35

ヒネリの効いたマットダークハバナ、サイドのスターリングシルバーとの対比がユニークです。

 

GERNOT LINDNER 601 32

マットブラックです。ツヤ消しの黒と銀が美しいですね。

 

 

GERNOT LINDNER 601 32

つるつるとした専用の木製ケース付きです。

 

おすすめです。

 

クリタケ

マイスター大学堂へのアクセス ACCESS

マイスター大学堂について

関連記事: