マイスター大学堂:ブログ

木とチタンのラウンド FEB31st TORIO

本日はイタリアのハンドメイド木製フレーム「FEB31st フェブサーティファースト」を御紹介致します。2月31日という存在しない日付けをブランド名に関したユニークなブランド。

本日御紹介するのはチタンと木を組み合わせたモデルのTORIO、では早速。

 

FEB31st TORIO AG F:Y

チタンとウッドを組み合わせたユニークな存在感を放つラウンド。

 

FEB31st TORIO AG F:Y

レンズの横幅は48㎜、縦幅は45㎜、レンズとレンズの間の幅は21㎜。

チラリと覗くイエローがアクセントになっています。

 

FEB31st TORIO BLACK F:B

こちらはブラックにチラリとグレー。

プラスチックでは出せない温かみのある木の質感とクールなチタンの質感の面白さ。

 

FEB31st TORIO BLACK F:B

まことに軽量、シンプルな形の中で控えめに主張するウッド。

大変、モダンな木製フレームです。

 

おすすめです。

 

クリタケ

マイスター大学堂へのアクセス ACCESS

マイスター大学堂について

関連記事: