マイスター大学堂:ブログ

眼鏡遺産 その5 CAZAL


本日は久しぶりにマイスター大学堂の誇る歴史的ケッサクメガネをご紹介する眼鏡遺産、五回目の今日はドイツの芸術的眼鏡「カザール」です。

過去の名作フレームが次々に復刻され、ファンとしてはなんだか嬉しいような悲しいような複雑な気分でありますが、すべてのモデルが復刻されている訳ではございません。

格好良いけれど、復刻されない優れたモデルもございます。

そんな中の1本が本日ご紹介する「181」、カザールらしくダイナミックなデザインのモデルです。

 

CAZAL MOD181 260

オブジェのような独創的で痛快なフレームデザインが素晴らしいですね。

 

CAZAL MOD181 260

稲妻のようなデザインはスピード感溢れ、それでいてエレガントです。

 

CAZAL MOD181 260

レンズサイズは58㎜で、サングラスにしても格好が良いと思います。

 

是非、店頭でご覧ください。

 

クリタケ

関連記事: