マイスター大学堂:ブログ

今年も高まるクリスマスムード


ああ、クリスマスがどんどんと近づいてきていますね。

皆様はいかがお過ごしですか?

さてマイスター大学度堂のショーウィンドーには、今年もまたこのプレート達がお目見えです。

 

ローゼンタールのクリスマスプレート、しかしなぜ、マイスター大学堂にクリスマスプレートが・・・

 疑問に思われる方のために今年もまたこれを

 

「マイスター大学堂とクリスマスプレート」

ドイツ、ローゼンタール社は1971年専属デザイナー、ビヤンビンブラッドによる千夜一夜物語に着想を得た全く新しいクリスマスプレートを発表しました。

毎年この季節になるとデンマークのロイヤルコペンハーゲン社をはじめ、ヨーロッパの有名窯から発表されるこれらのプレートは母から子へ丁度日本の子供達がおひな様の人形を代々ゆずり受けたように、その年の想い出を込めて伝えられて来ました。

「マイスター大学堂」は日本人として最初のドイツ国家公認眼鏡士(マイスター)が誕生に向けて第一歩をふみ出したこの輝かしい年を記念して、このクリスマスプレートのコレクションを始めました。

それ以降、これらのクリスマスプレートは「マイスター精神」を基礎とした私共の熱いメッセージを伝えながら毎年暮れの2ケ月間、ウィンドーの星となってきらめいています。

 

という訳なのであります。

また今年はプレートに加えて

魔女も!サンタクロースではないところが味わい深いですね。

 

三宮にお越しの際には是非、お立ち寄りください。

クリスマスまでのこの輝き!

 

クリタケ

マイスター大学堂へのアクセス

関連記事: