マイスター大学堂:ブログ

雅なケース入荷致しました。 seisuke88


本日はまことにステキな和柄ケースをご紹介致します。

100年以上前、明治時代ごろに京都・西陣で考案された柄を復刻し、そこに現代的な色彩のスパイスを少々振りかけて作り出された美しい文様の生地。味わい深い柄は眺めていると嬉しくなります。

まことにチャーミングなケース、では早速のご紹介。

 

case

すべての柄に名前があり、ケースにはその柄に対する含蓄に富んだ文章が添えられています。

 

すべてはご紹介しきれないので、いくつかをチラリとお見せ致しましょう。

seisuke88

枝垂桜

スタッフの一人はこれが最高ですね、と申しておりました。

 

seisuke88-1

器物文

個人的にはこの柄好きですね。

 

seisuke88-2

椿

椿も捨てがたい。

 

seisuke88-4

 尾長鳥と牡丹

牡丹と戯れる尾長鳥がまことにキュート。

 

お値段は税抜き2,800円

 

麗しき自然を見事に写し取った素晴らしき月亭可朝いや、花鳥風月ケース、お薦めです。

 

クリタケ

マイスター大学堂へのアクセス

関連記事: